« 再生ファンド近況/ソニーの新採用方式
(金融メルマガ第35号)
| トップページ | Autumn in New York »

2005年2月11日 (金曜日)

2004年度ゼミ生手記

shintenchi.jpg

 ゼミでの上海旅行は私にとって大学生活最高の思い出となりました。旅行中のどんな些細な出来事も忘れたくない、大事にしたいと思っています。上海では普段の生活では見られない、いろいろな人の個性が光っていて、観光地に行ってもゼミ生の一挙手一投足に目がいってしまいます。不思議なお土産をたくさん買う人、積極的にコミュニケーションをとってすぐに外国の方と仲良くなる人、裏道の屋台で買った怪しげな食べ物を食す人など新たな一面を発見して、やっぱりこのゼミの一員でよかったと思うのです。同じ大学に在籍し、多くの時間をともに過ごしたゼミの仲間もそれぞれの道に進むことを思うと寂しい気がしてないりません。でもまた新たなフィールドでいろいろな魅力を発揮していくことを思うと楽しみであり、自分も頑張ろうという励みになります。そして時々は集まって、上海で過ごした夜のように美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲み、楽しい時間を過ごせる仲間であり続けたいと思います。(山口牧=写真上・中央右、2005年4月より日本生命勤務予定)

 ゼミ生達は2ヶ月前から日程調整や資金作り、パスポートの準備等に励みました。上海の空港に到着した後、バスの中から見た高層ビル群や派手なネオン、人の多さに新聞やTVではなかなか実感できない中国の勢いを肌で感じた気がします。有名な点心の店で長く並んだ末、やっとの思いで小籠包を食べ、上海なのに北京ダックを食べ、新天地(写真)では満月の下で青島ビールを遅くまで飲みました。おかげて終電を逃し、ホテルまで皆でゾロゾロと歩いて帰ったことも今となれば楽しい思い出です。おみやげ屋での値段交渉も最初は苦労しましたが、慣れると楽しめ、人によっては言い値の一割以下で交渉をまとめるツワモノも出現しました。移動時は常に集団の最後尾を先生にガードしていただき、大きなトラブルもなく無事に帰国することができました。先生の「今年の夏合宿は海外にしようか」という一言から始まった上海合宿でしたが、中国経済の勢いに触れ、現地の人とコミュニケーションを取り、美味しい食事もでき、一生忘れられない貴重な四日間でした。(居石賢太郎=上海ゼミ旅行幹事=写真上・右から二人目、2005年4月より損保ジャパン勤務予定)

日向野ゼミはゼミ生以外の人たちとの出会いが多い場所でもあります。ゼミに在籍した2年間で、OBOG、先生のお知り合い、そして他大学の学生など、本当に多くの方との交流がありました。中でも中央大学の学生とは一緒に民法の勉強会を行ったり合宿や飲み会などにも一緒に参加し、より広く深い交流をすることができました。私がゼミに入ったばかりの頃、4年生追い出し合宿のときに中央大学の4年生も参加して、一緒に追い出されていたのがとても印象的でした。中大の皆さんとずっとおつきあいしたり、ゲストの方々を歓迎するこうしたゼミの雰囲気・精神も日向野ゼミのもっともよい点の一つなのだと感じています。(石橋友美=写真上・中央左、2005年4月よりみずほ信託銀行勤務予定)

中大商学部OBOG諸君と ↓
chudai.jpg

|

« 再生ファンド近況/ソニーの新採用方式
(金融メルマガ第35号)
| トップページ | Autumn in New York »

01. 教室の内と外」カテゴリの記事

02. 旅行・出張記」カテゴリの記事

02ch. 中国」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
19日の総会お疲れ様でした。

さすがにコック姿はお似合いでした。
今度、中大合宿があるときはぜひコック姿でお願いします。

さて、このたび不定期更新ではありますがブログをはじめましたのでお知らせします。
今何かと世間を騒がせているlivedoorではじめました。

こちらのサイトとは比べ物にならないくらい内容の薄いブログですが、
日々気づいたことや、自分が参加したセミナーなどの情報を
還元できたらと思いはじめました。

お手すきな時にでも、いらしてください。


今後もよろしくお願いします。

投稿: 内藤 航 | 2005年3月15日 (火曜日) 18:58

内藤君は上の写真左端に写っていますね

Mr.Incredibleのゴーグルに続いてchef coatをもらったときには、さすがにちょっと驚きました・・・

Livedoorのblogでは私小説連載も始めたんですね

投稿: 日向野幹也 | 2005年3月30日 (水曜日) 00:37

20期の川北です。
私は、一年多く在学していましたので、16年度のゼミにも参加させていただきました。今年のゼミは、法律・会計とコーポレートガバナンスを学ぶための素養を多く学んだ気がします。ゼミ内で議論のあった、数々の論点が今の社会にニュースとして出てくるのは非常にうれしいです。しかし、一つ一つのニュースの結論を見る間もなく次から次へと事件が起きてしまいます。
 激動の世の中、ゼミを通して一年多く先駆的な知識を学ぶことが出来たので、社会に出て智恵や経験を加味しながらがんばりたいです。
日向野先生や先輩方これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Kawakita | 2005年3月30日 (水曜日) 08:32

お返事遅れました>川北君

17年度もガバナンスのことをとりあげようと思っていたのですが、ちょうどいいタイミングでライブドアのことが起きたので、M&Aを中心に経済学と法律(と会計学)を学んでいこうと計画しています。是非池袋にも顔を出してください。

投稿: 日向野幹也 | 2005年3月30日 (水曜日) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年度ゼミ生手記:

« 再生ファンド近況/ソニーの新採用方式
(金融メルマガ第35号)
| トップページ | Autumn in New York »